誰のための道場?

P1410273.jpg 

道場は誰のためにあるの?


自分が強くなるためにあります。


そうやね。

みんなが強くなるために道場があるんやから


後はどうしたら強くなれる稽古ができるのかを考えられるようになろう。

P1410270.jpg 

こういう時はこうしたら良い。

それらを教えてもらうのではなく自分で考え行動すること。

もしその時に間違えても失敗しても良い。

間違いを正すことができたらそれは間違いではなくなる。

だから自分で考えよう。


昨日の稽古終了時に話をしました。

P1410274.jpg 

私が一から十まで教えるのではなく自分で考えることの大切さを教えてあげる

それが本当に実のある子供たち自身の力になる。

それが武道塾の指導法です。

みんな強くなろうね!








武道塾公式サイト


有意義な稽古

武道塾は私が教えるのではなく子供たち同士で教えあい学びあう道場です。

P1410254.jpg 

後輩は先輩が手本を示してくれながら学びます。

先輩が後輩に教えながら学びます。


後輩は先輩に感謝し尊敬の念を持ちます。

年長者への敬意も持ちます。


先輩はどうしたら後輩に伝わるのか一生懸命に考えながら教えることでまだ未熟な人に対する接し方を知ることができます。

P1410262.jpg 

自分のことが上手に出来るというのと人に教えることが上手にできるということは全く比例しないのです。

そういうところから沢山学びあうことができる。

空手の技術を教えあうのではなくもっと深いものを学べるのです。


武道塾はそういう道場なのです。

みんな良い子になりますよ\(^o^)/







武道塾公式サイト


TOPになりたい。

坊っちゃんスタジアム道場は全員で移動稽古の後、型、そして審査向けに型の先輩指導、柔術をおこないました。

P1410247.jpg 

白帯の子たちには覚えなければならないことが沢山あります。

P1410246.jpg 

キツイとは思いますが目標を達成するために頑張ってもらいたいです。

P1410249.jpg 


そして昨日は新規奇兵隊メンバー3人が通常稽古終了後に奇兵隊稽古に初参加しました。

P1410250.jpg 

緊張したかもしれません。



初めに

全員を集め奇兵隊とはどんな子のグループですか?と、問います。

先輩たちが答えていきます。

「その年代のTOPが集まっています。」



そうかな~

なら、お前はTOPなの?

あいつは?


違うよな~


TOPになりたいと思う子が集まるんですよ。

もうTOPなら別に奇兵隊に入らんでいいんよ。


TOPになりたい、強くなりたいそう思う子が集まる

それが奇兵隊

上手とか下手とか強いとか弱いとかそんなの関係ない。

そうなりたいと頑張る子たちが集まっとるんよ。

やから一生懸命に稽古して強くなって他のメンバー以外の子のお手本にならんといかんね。


これが武道塾奇兵隊なのです。










武道塾公式サイト



未来の人たちへ

私の為さなければならないことは松陰先生、高杉先生たち先人が命を懸けて守ったこの国と大和魂を未来に引き継ぐことです。

D3S_0693.jpg 

大和魂だとか根性だとか言えば古臭いと言われるようになって久しい時代ですが日本人の精神をバカにするようなファッションだけで生きている人間などになりたくはない。

泥臭くて良い。

変人でも良い。

頑なで良い。

幕末が良い。

松陰先生たちが守り抜いた日本を未来永劫引き継ぐための布石となれればそれで良い。

そのために私は生かされている。

D3S_0645.jpg D3S_0628.jpg

その為にも子供たちには沢山の経験を積ませたいと思っています。

D3S_0671.jpg D3S_0629.jpg

試合もそう

勝ち負けは兎も角、経験しないよりした方が良いに決まってます。

演武もそう

誰もができることではないのだからできるなら経験した方が良いに決まってます。

D3S_0627.jpg D3S_0700.jpg

そこから何を学ぶのか?

そしてこの子たちが大人になった時にどう子供たちにそれを伝えるのか?

楽しみなのです。

D3S_0666.jpg 

私が死んだ後この子たちはどう私を伝えてくれるのか?

こちらは大いに不安ですが(笑)

D8H_1183.jpg 

未来の人たち子供たちに今私のできることを精一杯していきます。

熱すぎて空回りしたり

人のため人のためと

独りよがりで逆に誤解されたり


そんな未熟者です。


でも人を信じ裏切らない。

裏切られても信じる。

大切なものは必ず守る。

魂だけは誰にも負けない。

現代の幕末男の意地なのです。



痩せ狼の逆襲








痩せた狼の志

u2.jpg 


これは書家、金澤翔子さんの書です。


走ってます。


生きてます。


志とはこんなに生き生きと走っているものなのです。


志という言葉も文字もたぶん普通に毎日を生きている人にはそう耳にも目にもする言葉ではないでしょう。


でも、だからこそ志を思い感じて生きている人は輝いているのだと思えます。


あなたの志はなんですか?


残りの人生はそう長くはないから今精一杯伝えておきます。



嫌われてもいい。

憎まれてもいい。

大切なもののために命を使います。


武士の魂が走っているのです。

痩せた狼には怖いものはないのです。
脂肪と共に落ちてしまった筋肉を復活させどうせなら細マッチョにるぞ(笑)



志高き塾生の演武
オーロラビジョンがカッコいいので是非またみてください。



桑原道場は賑やかになってきました。


初心者の多い道場ですが意欲は一杯ありますよ!




武道塾公式サイト


武道塾奇兵隊

猛烈の奇兵何の志す所ぞ
一死を以って邦家に報いんと要す
喜ぶべし名を遂げ功成る後
招魂場上の花とならん


全身に電流が流れ心が痺れます。

胸が熱く苦しくなります。

なにか無性に情けないというか気持ちの持っていき場がわからずイライラします。

自分は何をしているのかと腹立たしくなります。


何とかしなければ

何とかしなければ


そんな思いから武道塾奇兵隊は生まれました。

何とかは、

志高い子供たちを育てることと考えました。


先のブログにも書いてますが以前の奇兵隊メンバーは武道塾とは考えも組手スタイルも全く違う流派の試合に参加していました。
それ以外に試合出場の機会がなかったからです。

そんな圧倒的不利な試合にも果敢に挑戦する気持ちを持っていた子たちの集まりが武道塾奇兵隊です。

有利な闘いなら誰でもします。

不利な闘いに挑み跳ね返されそれでも挑みそこから学ぶ

そういう志高き塾生の集まりです。


禅道会の試合では同じスタイルなので多くのチャンピオンも誕生し活躍していますが以前は負けて負けて悔し涙を流しそれでも立ち向かった。

そんな武道塾奇兵隊の歴史があるのです。

hata2.jpg 


現在、本部の塾生たちは殆どが奇兵隊メンバーです。


本当に意識の高い子たちばかりで最近は指導もすごく楽しいのです。

昨日は簡単に審査に向けての稽古の後は試合に向けての稽古に重点を置きました。

7月にはまたこの中からチャンピオンが生まれるでしょう。

がんばれ!

奇兵隊!


投げ


胴タックル


投げの打ち合い


首相撲から攻防


組手の中に投げを意識して


組手




武道塾公式サイト



松陰先生僕たちは

松陰先生僕たちはあなたが描いた日本を

松陰先生僕たちは創って来れていますか

DSC_0196.jpg 


幕末の動乱を命を顧みず日本のために奔り抜けていった松陰先生

私心など微塵もなく

何事にも公を優先した松陰先生



こんなエピソードがあるらしい

藩から許しを得て全国遊学に出ていた頃

なにせ急がないと日本が危ない

急いで目的地を目指し歩きます。

途中で人間ですから生理現象で用を足したくなります。

仕方なく用を足し終わると

駆け足で急いだそうです。

なぜか?

用を足すのは私事

僕は今、藩からのお許しを頂き遊学に出させてもらっている。

これは公のことなのだ。

公の仕事の時に私事で用を足し時間を無駄にしてしまった。

この時間を取り戻すために走るのだ。




ペリーに密航を拒否され帰された後も言わなければわからないのに自分から自首し牢獄に入ります。

国禁を犯したのだから当然のことと、

当時、密航は死罪でしたがペリーが処刑しないように手を回してくれたそうです。




安政の大獄での役人の取り調べにも聞いてもいないこと役人が知らないこと自分の頭だけで考えていたことをわざわざ話して説得しようとした。

この話が結局、斬首される原因となった。

しなければ遠島で済んでいたそうです。

至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり

真を尽くし話をすれば役人にも幕府にも必ずこの思いは伝わる

そう信じてのことでした。


どこまでも真っすぐです。


もし、それが通じずに自分が罪人として処罰されれば当然家族身内にも害は及びます。

でも家族身内の心配は私事だと思っていたのでしょう。

強い家族との絆がそこから感じられます。


親思う心に勝る親心 きょうの音ずれなんと聞くらん



日本のため

ここまで私心を捨てられた人が確かにいたのです。

神様として祀られるのもわかりますね。

DSC_0149.jpg 


その松陰先生が描いた日本はこんな世だったのでしょうか?


私心だらけの私ですがいつも考えます。


松陰先生、、、
DSC_0188.jpg 



かくすれば

かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂
     吉田松陰

こういうことをすればこうなることはわかっていてもやらずにはいられない。


家臣は主君を諫め進言する時には命を懸けて行いました。

切腹

腹を切ってでも間違いを正す


それが家臣としての務めなのです。



それは現代でも同じ

現代というのは違うかも知れない。

私は、、かも知れない


嫌われようと自分の身に変えてもそれを正す


もう知らん、

そう切り捨てられたらどれだけ楽か



良かれと思ったことが裏目にでたり誤解されたり間違いだらけ失敗だらけの人生ですが胸を張って言えるのは真っすぐに生きている。

心のままに生きている。


でも心をそのまま伝えるのは難しい。


まだまだ至誠が足りない



火曜日の石井道場は稽古前にすごく微笑ましく可愛い姿が見えました。

教え教えられているのは1年生

P1410187.jpg 






こちらは水曜坊っちゃんの型稽古

審査に向けて頑張っています。
P1410219.jpg 




武道塾公式サイト



気高い黒帯に

黒帯

このブログを後に続く弟子たちに遺します、、、

語り継いでもらいたい。

P101018011.jpg 


血と汗と涙の結晶


重たく誇り高いもの


肉体的強さだとか

センスだとか

突きの強さだとか

蹴りの強さだとか

組手の強さだとか

一切関係ない。


どれだけここまで上り詰めるために血と汗と涙を流し耐え抜いてきたか


肉体的強さならトレーニングでいくらでも強くなれます。


でも黒帯の誇りはいくらトレーニングしても生まれない。


昨日の自分を毎日超越していかなければならない。


それがどれほど苦しく難しいものか


これは経験した者にしか解らない領域であり常人では到底行き着くことのできない世界です。


それが武道塾の黒帯でなければならない。


生半可ではないのです。


武道塾の黒帯は武道塾の歴史と共に高き壁の上にそり立っているのです。


歴史と共に壁は高きものになっていく


それが武道塾の黒帯


(ここから実名で書きます。)

その武道塾黒帯史上最も高い壁に挑んでいる弟子




そしてその司と共に武道塾を引っ張ってきた雄大


この二人が切磋琢磨し今の武道塾の黒帯の価値を高めてきました。


先に雄大が黒帯を締め


司が今度はそれを目指しています。


雄大と司の二人で高くした壁を皮肉にも司がまた乗り越えなければならない。

史上最も高い壁に挑んでいます。



園児から武道塾に入門し

厳しい指導にも決して挫けず

これまで

何度も何度も訪れる苦境を乗り越えてきました。


組手スタイルの全く違う圧倒的不利な試合にも果敢に挑戦し続けました。

挑んでは跳ね返され

それでも挑み

望むような結果はでませんでした。

でも
その姿は奇兵隊メンバーとして誇り高いものでした。


その奇兵隊への思いや誇りが現メンバーに引き継がれ伝統になっています。



稽古で足を怪我をし入院

目指していた念願の組手スタイルが同じ禅道会の試合も断念せざるを得なかった。


その時に一緒に稽古していたのが雄大

友でありライバルである二人にはとてつもなく大きな試練となりました。


怪我をさせてしまったという自責の念に囚われる雄大

私はお決まりの言葉しかかけてはやれません。

お前のせいじゃない、、、

どんなに辛いことか想像に難くない。

精神的に傷ついた雄大にそれ以上のことはなにも言えない。

掛ける言葉はどんな言葉も軽くなる

そんな気がしました。



怪我をして試合に出場できないばかりか入院を余儀なくされた司

悔しくて泣いたでしょう。

どんな思いでベッドにいたでしょう。

司にも掛ける言葉がない。


二人とも傷つきました。


本当は二人にそんな思いをさせてしまった私こそ一番責任が重かったのです。

今更ながら二人に申し訳ない


でも二人はそこから這い上がったのです。


雄大は初の禅道会中国大会挑戦でチャンピオンになりました、

そこには一緒に出場するはずだった司への思いもあったでしょう。

司もそれを喜び次こそは俺もと思ったことでしょう。

雄大はその後全日本チャンピオンにまで上り詰め黒帯に挑戦

一度では無理でした。

いや、本来は一度で良かった。

私の心は黒帯は決定してました。

でも、、不合格

悔しかったでしょうがだからと腐る雄大ではなく挑戦し続け後に黒帯を取得しました。


司も禅道会の中国チャンピオンに輝きました。

こうして傷ついた二人はお互いを思う気持ちと挑戦する気持ちでその傷を癒していったのだと思います。


武道塾史上、雄大ほどのセンスを持ち他流試合でも何度も優勝した弟子はいません。

それでも黒帯取得は3度目の挑戦ででした。

かなり壁は高くなりました。


その後に司なのです。


雄大ほどのセンスも試合実績もない司です。

雄大が3度目で黒帯、、

ものすごい壁になりました。

でも空手に対する気持ちや人を思う気持ちは誰より持っているのが司です。


雄大が全日本チャンピオンになった時に私はテレビ局に連絡して取材をお願いしました。

雄大が誇らしかった。

最高のご褒美をやりたかった。

その取材でバット折りに挑戦させたのですが

折れません。

何度も何度も蹴り続けます。

右足、左足で何回も何回も、、、

もっと早く止めてやれば良かったのですが私の判断間違いで両足を打撲

終了後に病院に連れて行ったのですがそこに司も心配して来てくれました。

その前に取材のインタビューで司が雄大のことを聞かれた時にそんな雄大を見て涙声で雄大を褒めていたこと。

胸が詰まりました。

良い弟子を持った。



そんな良い奴だけどセンスもなく試合実績もない司に

どうやったらあんなすごい雄大と同じ重みの黒帯を締めさせてやれるか?

壁は高くそり立っている

それを考えます。

と、いうより考えても仕方ない。

ないものはないんですから。

なら今、どう黒帯に向き合うのか?

誰より稽古に向き合う姿勢で誇り高い黒帯を目指せば良い。


そういう姿勢を後輩たちに見せることで司の後輩たちへのメッセージ

黒帯はこんなに厳しい領域なんだ。

お前たち、見ていろ。

俺が今そこに挑んでいる。

この姿を見て後に続け


それが司の誇りになる。

そう期待し今回昇段審査受審を許しました。


しかし、そんな私の思いとは少し違った、、、

司は自分では頑張っていたつもりでしょうが私には伝わらない、、、


気迫がない

魂がない


司に一番望むもの


雄大ならそんなの望まない
(望まないことはないのですが望むのですが、、、)
センスも実績も十分ありますから。


でもそれがない司には魂がないとすべて雄大には叶わないということになる。

叶わないなら黒帯は無理。

超えないと

そうでないと誇りある黒帯にしてやれない。

そんな思いから厳しく声を掛けました。

もう、道場来んでいい!

魂を以って稽古に臨めるようになるまで来るな!


審査も受けるな。

試合も出さん。

厳しくそう告げました。


魂がなくなったなら辞めさせる、、、

私も悩みました。


でも、幸いなことに気づかせてもらうことができた。


司は今までいろんなことがあってここまで来ている。

何度も挫折を味わい。

涙を流し

そこから這い上がってきた。


魂がなくなったわけではなく魂をどう表現して良いのかわからなくなっているのかもしれない。

私の要求が高いものになっている部分もある。

誇りある黒帯にという気持ちが強いばかりに、、、


気づかせてもらいました。

魂がないわけではない。

表現がうまくできなかったり迷っていたり眠っているなら

私が引き出してやれば良い。

それが私の塾長としての役目でもある。

ここまで来た司にまず敬意を持って、やる気がないなら辞めろじゃなく

魂を引き出すこと

それができずなんの塾長ぞ!

すごくシンプルなことなのに気づかせてもらいました。



それで話をするから道場に来るようにと伝え昨日話をしました。


お前は十分に黒帯を締める資格はあるよ。

今、渡してやっても良い

でも、この武道塾の黒帯は一生に一度切り

今、どれだけその一生に一度切りの黒帯に向かい掴もうと努力しているのか?


将に血と汗と涙の結晶として欲しい。

してやらないとならないと思う。

今が空手人生最高に気持ちが入り魂が入った稽古をしていなければならない。

一番大切な時


それがお前の重く誇りある黒帯になる。


どんなに厳しく言われてもお前はいつでも空手の先生になると言ってくれる。

そこは絶対にブレない

それがすごく嬉しい。

だからこそ厳しくする。


誇りある黒帯を締めるため残りの時間をこれまで以上に魂の稽古をして姿勢を見せろ。

後輩たちにみせてやれ!

俺はこんなに頑張ったぞと!

お前たちも頑張れよと!


きょうからまた強い気持ちで黒帯に挑んでくれると思います。



雄大、司本当に素晴らしい弟子を持ったと思います。

武道塾の黒帯をこれほど崇高で気高いものにしてくれた。

私は二人に感謝します。



後に続く弟子たちには二人を超える黒帯を目指して欲しい。


武道塾の伝説となって欲しい。


そうやって伝統は受け継がれ歴史が刻まれていく


来年で武道塾発足20年

よくここまで私みたいな未熟者がやってこれたものだと思います。

これまで武道塾に関わってくれたすべての弟子と保護者に感謝します。

ありがとうございました。


武道塾公式サイト


天命のまま

DSC_0012111.jpg 

真の楽しみは苦しみの中にこそある。

  高杉晋作



苦しいという言葉だけは言わないでおこうじゃないか。

  高杉晋作


今の苦しみは次に来る楽しみをより楽しむため

だから苦しいという言葉は言わないでおこう

この苦しみこそ楽しみなのだ



こう考えることができたから激動の幕末にその名を遺すほどの偉業が為せたのでしょう。

私はまだまだです。

苦しい苦しいともがいております(笑)

未だに未熟でちっちゃい人間です。



でもだからこそ生きているのです。



生きていても死んだような人間もいる中で生きている実感がするのです。


楽しいだけの人生なんて面白くもなんともない。


間違い失敗しもがき苦しみその果てにあるもの



間違い失敗だらけの我が身だからこそ力強く生きている実感が湧くというもの


楽しいだけの人生なんて面白くもなんともない


少々ひがみもありますが(笑)



ストイックに



神から授かったこの一命

神の思うがままならば

ジタバタせず

勇気を以って

身を委ねるだけ


生きるも死ぬも天命なれば
奔り続けるのみ



武道塾公式サイト


桑原道場

桑原道場はお休みが多かったのですが元気に頑張ってくれました。

パイプ椅子を使って回し蹴りの起動を学びました。

P1410143.jpg

膝の使い方が重要です。

P1410153.jpg



パイプ椅子での稽古の後にミットを蹴ってみます。

P1410172.jpg




ミットの後は補強運動

拳立てのやり方を教えた後は腹筋

P1410182.jpg

腹筋運動にも様々あります。



武道塾恒例の円陣スクワット

一人でも手を抜くとバランスを崩し円陣は崩れてしまいます。

一人ひとりがみんなのことを考え頑張ります。

P1410183.jpg



最後は腹の叩き合い

相手のことを思いどう突けば良いのか考えます。

P1410184.jpg





武道塾公式サイト


魂を込めて

打撃は感が必要です。


寝技はセンスが必要です。


闘いには魂が必要です。


稽古の中にはすべて必要なものがあります。


感を養いセンスを磨く為に魂の入った稽古をおこなうのです。



感もセンスも天性のものが大きいですがそれを磨かずに強くはなれません。



試合の勝ち負けなどちっぽけなものです。


それ以上に大きなものが稽古の中にあるのです。


魂を込めて稽古をしましょう。


そうすれば自ずと結果はついてくるものです。



一般白帯指導

P1410121.jpg 

この白帯は試合に出ます。

出たいと申し出てきました。

一般部には珍しく厳しい叱咤激励が飛びますが頑張ってくれています。

この白帯には感もセンスもないです。

でも魂はあります。

だから強くしてやりたいのです。





少年部






武道塾公式サイト




伝える

心すでに感ずればすなわち口に発して声となる
          高杉晋作

心で思ったり感じたことは口に出し言葉に出し行動に移すこと

思っていても感じていても行動に移さなければ人には伝わらない



ただ、伝えるというのは難しいものです。

伝え方にもその人その人で考え方も違えば伝え方も様々です。

そして捉え方も様々です。

気持ちを伝えるのは本当に難しい。

でも一つだけこれだけはというのは口に出し言葉にすること。

これはどんな場合でも大切な事です。

まず自分の気持ちを声に出す。

そこから始まります。

声に出したことは行動に移す。



言葉にしても伝わらないこともあります。


でも諦めてはいけません。


相手を責めてもいけません。


伝わらないのは相手が悪いのではありません。


伝わらないのは伝え方が悪いか自分に至誠がないためです。


至誠があるなら諦めず言葉にしましょう。


そうすればいつか必ず伝わります。


間違うこともあるでしょう。

相手を怒らせることもあるでしょう。


でも至誠を尽くせばいつか必ず伝わります。


私はそう信じています。



子供たちと面談をしていますが巧く言葉にできない子も沢山います。

気持ちを言葉にすることの大切さを話すことが一番多いですね。

殻を打ち破り

自分の誠を尽くすために言葉にしましょう。






あと1回

自分を超えるためには限界からあと1回頑張ってみよう。


拳立てで例えるなら


止めたい。

苦しい。

膝をつきたい。


そこからあと1回


それで自分を超えられる。


言うは易し行うは難しですが


拳立てなどの筋トレは自分との闘い
(相手のいる組手も突き詰めれば自分との闘いです。)


P1410061.jpg 


ジムや道場などで筋トレを行う時には結構頑張れます。


回りに人がいるから

人の目があるから

それが励みになったりプレッシャーになったりするので自分を追い込みやすくなります。

負けるか

恥ずかしいとこを見せたくない。

意地と根性が試されます。


P1410054.jpg 


ですが

たった一人でやると

もうええやん、

もう限界、、

誰もみてないし、、

悪魔の囁き


ここでは性根が試される。


なんのためにするのか?


誰のためにするのか?


筋肉をつけるため

体力をつけるため

強くなるため

自分のため

自分のためは人のため


あと1回


自分を超えるのだ!

P1410050.jpg 





武道塾公式サイト


芽を摘まないように

DSC_0191.jpg 

昨日の稽古で青帯の5年生の子に前に出て号令を掛けなさいと声を掛けました。

いつもの様に首をひねり

出来ません、、、

いや、やれ

出来ません、、、

塾長の命令に「いいえ」はない。

やれ。

何度もその繰り返しの後にやっと前に出ます。


はい。やれ。

わかりません、、、

蹴りをやれ。

わかりません、、、

こんなの1年生の○○でもやるんよ?

なら○○に代わってもらうか?

はい、、、



ならそこで空手衣脱げ。

嫌です、、、

なんで嫌なん?

脱ぎたくないからです、、、

なんで脱ぎたくない?

恥ずかしいからです、、、

なら後輩の1年生の○○ができることを先輩のお前ができないことをどう思う?

恥ずかしいんやろ?

いつも言っとるよな。

先輩は後輩の前で恥ずかしい姿を見せてはいけない。

なら、やれ。


わからんなら、人に聞きながらやれ。

○○教えてやりなさい。

○○がこうやって、次こうやってと教えながらなんとか蚊の鳴くような声で号令を掛け始めます。

ええよ、それでええ。

少しずつ声が大きくなります。
まだまだハエが鳴くくらいの声ですが(笑)

でも少しずつ。

最後までやり通した後、呼び話をしました。


やれたやろ?

できん、できんといってやろうとせんかったらいつまでもできんまま。

やればね。
お前はできるよ。

お前は自分に自信がないんやろうけど

今、できたやん?

お前はできるんよ。

自信を持て!

そう話しました。


この子は本当に自分は何もできないと思っているんです。

何をするにも。

そう思わせたまま成長させることができないまま道場に通い続けさせるのは私の恥

必ず自信を持たせ強くさせる。

それが私の矜持

それができないなら塾長なんてやっておれん。

DSC_0064.jpg 


そして稽古終了時の挨拶でみんなに話しました。

スーパー3年生の○○はすごい恥ずかしがり屋で塾長が何か聞いても緊張してどもってしまうくらいの恥ずかしがり屋さん。

でも、昨日の演武ではセンターを張って堂々と型をしたよ。
DSC00873.jpg 
DSC_0277.jpg 

自信ないから自信持てるようになってからとか、

下手やから上手になってからとか、

まだ早いなとか、

そう思う奴はいつまでもそう思い続けて結局やれんままなんよ。

今の自分を超えようとせずになにもできるようにはならんよ。

超えるためには まずやれ

上手になってからって言ったって上手になるはずないやん?

やらずに逃げとってなんで上手になる?

できん自分を超えんと上手にならんのにそこから逃げとって上手になるはずがないよね?

それでは一生上手にはならんのよ。

失敗してもいい。

人に迷惑をかけてもいいんよ。



塾長はいつも人に迷惑をかけるなというけどね。

かけていいんよ。

人に迷惑をかけずに生きている人など一人もおらんよ。

安倍総理大臣でも間違うことあるよ(笑)

塾長も今でもいっぱい人に迷惑をかけとるしいっぱい間違いをしよるよ。

迷惑をかけたりかけられたりしながら人はみんな一緒に生きとるんよ。

やから迷惑かけてもいい。

迷惑をかけたらそれを補いそれ以上に人を助けることをしたらいい。

迷惑をかけるからと小さくなっていてはなにもできんよ。



みんな得意不得意はある。

やから不得意なとこで迷惑をかけたらその分得意なことでお返ししたらええんよ。

そうやって助け合ってみんな生きとるんやからね。

○○にもこんないいところがある。

○○にはこんないいところがある。

みんないいところあるんよ。



自分で自分の可能性の芽を摘まないようにしてあげないといけないですね。

まして私や保護者がそうしてしまっては最悪です。

挑戦させましょう。

まだ早いとか、

もっと上手になってからとか、

迷惑をかけてはいけないからとか、

そんなちっちゃなことを考えず

もっと大きな可能性のある大切な芽を摘まないようにしましょう。


他のスポーツでなく武道を学ばせたいと思ったなら

こうやって武道を学ばせに道場に来させているのでしたら

強くなるために来させているのでしたら

何を以って強いというのか?

どうすれば強くなれるのか?

ですね。


これから審査会、試合、合宿と挑戦できることが沢山あります。

審査合格できるように必死に稽古し合否で学び

試合に勝てるように必死に稽古し勝って学び、負けて学び

合宿では寝食を共にし学びあい

沢山成長できる場があります。

どんどん挑戦させてください。



いっぱい学びのあった日曜日の演武と昨日の稽古でした。

私も最近すごく間違い迷惑をかけ痩せ細るほど落ち込みましたが学んでいます。

体重は10キロ以上落ちました。

時々めまいもします(笑)

でもまたここから鍛え直しです。

トレーニングにも励んでいます。

毎日筋肉痛です。

人は変われる。

本質の部分で変わってはいけないとこもあるけど変わらなければならないところは変われる。

そう思います。

DSC00881.jpg 




武道塾公式サイト


プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR