死生観


今、私は死を前にして、心安らかです。今更、誰を恨もうという気持ちもありません。

それは命について、こう悟ったからです。

春に種をまき、夏に苗を植え、秋に実り、冬には蓄える。

人にも同じように四季があります。人の命とは歳月の長さではない。

十歳で死んでいく者は十歳の中に、二十歳で死ぬ者は二十歳の中に。

それぞれ春夏秋冬があり、実を結んでいる。

私は三十歳ですが、収穫の時を迎えたと思っております。

もし、同志の中で私の心を継いでくれる人がいたら、私の実は空ではない。

どうか一粒の籾として、次の春の種となれますよう。

        吉田松陰 留魂録より



私の人生も既に自分のために生きる分は使い果たしました。

親に捨てられ弟妹とも引き離され世に笑われ踏みつけられた私にも優しく厳しく見守ってくれた大切な人がいました。

その思いに報いることもなく世を恨む自分がいました。

人の為に生きる?

ばかなことです。

自分のことだけ

世を人を踏みつけました。



高杉晋作を知り吉田松陰を知り

その自分は少しずつ変わっていった。

もやもや

やらないといけないこと

行動には移せないけど

なにかを思っていた。


ずっと

そして、これが


私が生まれ変わる瞬間


空手と出会い武士道を知った。


この道しか無い。

没頭した。

飢えていた。

腹一杯に飲み込んでいった。

世を恨んだ自分は既にいない。

もっと、

もっと、

高く

高く

走り続けた。

私の贖罪(しょくざい)

道場を開き

熱く

熱く

伝えたい

生きるということ

一人でも多く

伝えたい

それが贖罪

生きる力となった。

伝えたいと必死に走り続け

気づけばこの歳


17,8の頃

40歳までに死のう

そう思っていた。

汚い。
醜い。

そうはならない。


その歳もとっくに過ぎ

私は汚いだろうか。

醜いだろうか。

それどころか

人間50年と云われた歳も過ぎ

まだ熱く生きようとしている。


でも冷静に

既に若い自分がやるべき事はやってきたのだと思う。


春に種をまき、夏に苗を植え、秋に実り、冬には蓄える。

私の人生は次に来る春のための種となる

だから

恨まない

恨みの種は遺さない。

愛したい。

私の周りにいる人はみんな愛します。

世に疎まれ笑われた私だから愛するという意味誰よりわかる。

それを伝えることが私が生まれてきた意味であり

意義であり


次にその種を遺すために生涯を捧げよう。

我が身に惜しむものはない。


日本空手道武道塾 塾長 今治信幸


スポンサーサイト
プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR