禅道会中国大会

禅道会中国広島支部主催のRF武道空手中国大会

P1310630.jpg 

昨日17人が広島まで遠征し挑戦してきました。

zendo1.jpg

結果発表

参加10クラス中

優勝4名

準優勝2名

優秀賞、敢闘賞、、、だったかな?1名

P1340328.jpg 

P1340321.jpg


まず保護者の皆さん方にはご苦労様でした。

保護者方のご理解やご協力なくはるばる広島まで遠征し大会参加はできません。

試合に臨むにあたって私の要求も多くありました。
武道だから生死を賭ける思いで稽古に臨んでほしい。
それが対戦する相手への礼儀だという私の要求にも多くの方に応えて頂けました。
スポーツならそんなこと考える必要もないのですが頑なに武士道を追及し要求をする私は子供だけでなく保護者方にも厳しいと思います。
本当に申し訳なく思います。

仕事もあり送迎は大変ご苦労されご負担も大きかったと思います。

今回は前日から広島に入ったご家族も多くいました。

それだけ賭ける気持ち子供を思う気持ちが強いんだと本当に心を打たれました。

それだけに今回の結果は申し訳なく満足できるものではありませんでした。
まぁ満足は全員優勝以外ないので当たり前ですが。

惜しくも勝てなかった保護者の皆さん

本当に私の指導力不足を不甲斐なく思います。
子供は精一杯稽古し戦いましたので褒めてあげてください。
結果はすべて私の責任です。


今回私は一切の試合直前の声掛け、試合中の声掛けをしませんでした。

試合場に入れば誰も助けてはくれない。

自分で打開する。

そういうところを感じて欲しかったからです。

私が声を掛ければ勇気が湧くというのもわかっています。
野球でもサッカーでも応援はものすごい後押ししてくれますから。

でも、武士道です。

試合場で戦うのは自分、頼れるのは自分だけなのです。
そんな時に自分で何とかする乗り越えられる力をつけていないといつも困った時には人に助けてもらわないといけなくなる。
頼りたくなる。
そんな子になって欲しくはない。
そんな思いからです。

こんな時はこう戦えという指導は細かにしていますので後はそれを頭に入れて戦えるかどうか。
それが厳しい稽古をいかに乗り越え力をつけているか見れる時でもあります。

窮地を脱する力を自分自身で持つのです。

それが人を導く人間となるには一番必要な要素です。


広島まではるばる来たんですから保護者方からすればすべての力を借りてでも勝たせたいですよね。
そんな親心わかっているのですが厳しいですが今後もこの方針で行きます。


結果報告に来た時もあまり話はしませんでした。

おぅ

一言だけだった子もいます。

口に出さなくても何が言いたいかわかるだろうと思っています。

いや、わかれと

厳しい言葉をかけた子もいますがそれがなぜかわかっていると思います。

優しく声をかけた子もいます。
ひとりひとり見てきましたから一律に同じ

良く頑張ったなんて安っぽい言葉はかけたくないんです。

こういうの師弟だと思うんです。

親子だとこうはいかないでしょう。

もっと声かけてあげて欲しいと思うこともあるでしょうがお許しください。


勝った子、負けた子いますが

勝って学び負けて学ぶのが試合です。

試合はあくまで試合

実戦・実践のための試し合いにすぎません。

勝敗をどう成長に結びつけていずれ起こりうる実戦・実践で負けないための稽古です。
(実戦・実践とは喧嘩とか命のやりとりとかのことではありません。社会こそその場です。社会を生きていく上で人から信頼され尊敬される人となる。)

すべてが学びであり成長する糧です。

試合に出た子は必ず成長しているのは間違いありません。

誰もが経験できることではないのです。
勇気がないと経験できないことなのです。
その勇気がまず備わっている。
素晴らしいことです。


娘の奈々子は今まで試合で勝ったことがありません。

その度にいつも厳しい私にどれほどのプレッシャーを感じていることでしょう。
(私は奈々子にとって24時間父親ではなく塾長の方が大きいのです。)

塾長の娘として勝たなければ。
恥ずかしい、、、
不甲斐ない、、、
そんなプレッシャーとも闘っています。

それでも勝てない、

負けても負けても私は試合に出させます。
その度に厳しく叱責します。
でもこの負けは必ず先にある勝ちに繋がる。
そしてその勝ちはなにより価値のあるものになると思うからです。

これが私の師として父としての愛情です。

どん底を知っている者は強いのですから。


あと負けた時に泣いてる子が殆どでした。

泣かなくていい。

戦いは生き死に
死んだら泣くことなどできないんですから。
運よく生きているんだから前を向いて次に臨めばいい。
泣いてる暇などない。
何が足らなかったのか考えること。



さて、試合の方ですが

トラトラトラ

パトリオット

パトリオット決まった子もいましたし全体的に教えたことをやろうとしていました。
この日のために苦しい稽古をしてきたんですからね。
出さないと損です。

投げも非常にうまかったです。

何より下がらない姿勢がみんな良かった。

これは素晴らしいです。


そして何より素晴らしかったのは試合後

勝っても負けても必ず相手のところに行ってお礼の挨拶をする。
見ていると相手の子は泣いてて返事もしないとか側で保護者がいてもそれを知らん顔でみている人もいました。
そんな中でこんなに小さな子が大人より礼儀がわかっている。
心がある。
そんな行動ができる。
(今回私はあえて前述と同じように相手への挨拶の事、私への挨拶のことも一切話をしていません。その中で忘れず行動できる。初めての試合で知らない子には教えてあげる。素晴らしいです。)
私の教えは間違っていなかった。
良かったと思える瞬間でした。

今回チャンピオンは4人だけでしたが私にとっては全員チャンピオンです。


武士道武士道とうざく思われることもあるかもしれませんしそういう方は辞めていくのですが武道塾という名の通り武士道を学ぶ塾で今では日本でも稀な道場だと思います。
稀な体験の出来る道場がこの日本にあってもいいかと思っています。
今後も何と思われようと辞めていく人がおられようと信念は曲げない所存です。
よろしくお願い致します。
でもなるべくならうざく思わないでください(笑)


あと、最後に一般部の西野が子供たちのために応援に来てくれビデオなど撮ってくれました。
わざわざ広島までなかなかできることではありません。
西野には感謝します。
ありがとう。


参加した子供には試合の様子を記念のDVDに編集してお渡しします。


試合のダイジェストをご覧ください。
感動をどうぞ!!







同門対決も何度もありましたが、、しんどいです。。。






スポンサーサイト
プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR