南吉井保育所空手教室

昨日は今年度第一回目の南吉井保育所でのボランティアでの空手教室でした。

P1290363.jpg


武道塾の道場での稽古は子供自身と保護者が望んで武道を学びたいと強くなりたい強くさせたいとお金を払い来る子供たちですから子どもも保護者も意識が非常に高いです。

当然、厳しくても歯を食いしばり耐え忍びます。

保護者も子供たちを精一杯陰でフォローしてくれます。

塾長はこういう思いで厳しくしとるんよとか。。。

入門したての子や覚えが少々遅い子は保護者が一緒になり家庭で稽古したり一緒に悩んだり。

みんな強くなりたいと思ってきているのですからそれくらい当たり前だと子どもも保護者も理解しています。

だから教えるのも保育所での空手教室より遥かに楽です。

厳しいのが嫌なら辞めればいいだけですから私も平気で嫌なら辞めればいいよと話しますし突き放します。

でも心はその逆でそこから這い上がって来い。そうすれば強くなるからという願いがあるのです。

厳しさ=優しさ=強さ

嫌なら辞めろ、帰れ厳しい言葉を浴びせます。

でも子供たちは絶対に嫌ですと言います。

子供たちは自分がなぜ武道塾に入ったのか小さくても理解しています。

自分で望んで入ったことに責任を持っています。(そこまでの意識は感じてないでしょうが無意識にそう思っているのです)

現在は色んな方法での教育がありますがこれが武士道における教育法です。



入門した子は目標をみんな持っています。

まずはみんな強くなって黒帯になりたい。

強くなってお母さんを守りたい。


そして少し学びが進んでいくと

○○先輩みたいになりたい。

大きくなって世の中の人のためになりたい。

こう思うようになっていきます。


塾生の子供たちにはいつも話をします。

志を持て!

志とは

どんな仕事をしてもいい。

でもその仕事を金儲けとか自分が楽に生活したいからとかでするのではなく、その仕事をすることによって世の中のため他人のためになるんだ。

そういう気持ちを持って仕事をする。

金や名誉を追うなそれは志とは言わない。

自分が世の中のため人のためになにができるかを考えること。

そうしようと決めること。

それがなんよ。


そう教えています。



ただ、自分から学ぼうとしているのではない保育所や幼稚園のお楽しみとしてある一月や二月に一度の空手教室ではたぶん道場に通う子供たちの様な考えはもてません。

それは当然ですし道場に通う子たちより下だと言っているのでもありません。

空手の意義、武士道の精神それを知らなければ子供だけでなく大人でもなかなか理解し行動するようにはならないのです。

今の世の中、明らかに身勝手で相手の痛みも知らず思わず耳を塞ぎたくなる目を背けたくなるような事件が毎日のように起きています。

日本中世界中の子供たちみんなにとはいかなくても、せめて私と関わる子たちにそんな悲しい事件を起こさせたくない。

子供たちに希望ある社会にしてあげたい。

微力ではありますがそんな思いが空手教室にはあります。


P1290366.jpg


空手教室でも子供たちに真の礼儀や強さも教えられるように当然頑張ってはいるのですがこれは昨日今日の1回や2回で教えられるはずもありません。

いくら教えたとしても園での教育や家庭での教育で違うことを教えていては子供たちは逆に戸惑うことでしょうしたぶん空手で学んだ教えは園や家庭よりも時間も短くその時限りのことになるのが普通でしょう。

教育と言うものは親だけではなく地域社会全体でするものですし地域社会との連携なく教育はできません。

その中でも特殊な武道教育なら尚の事、保護者と教える側との連携が無くては教えられるものでもないのです。

こういう面において次第に空手教室では真の教育はできないなということをここ何年か感じていました。

園での空手教室は子ども園の先生と私だけで保護者は存在しません。

それでは武道教育がどんなものかもわからないでしょうしどんなことを教えているのかもわからないでしょう。

とすれば空手教室の教えと家庭での教えが違ってくるのは当然です。そうなれば連携は計れません。

これまでのやり方を変えなければ意味のないもので終わってしまうということを考えるようになりました。

やり方を変えてみよう。

もしそのやり方が認められないなら

辞める!

そんな思いで保育所、幼稚園の方とも話をし、ありがたいことにそんな私の思いを受け入れて頂けました。

そして昨日の第一回目の空手教室に繋がったのです。


さて様子ですが

みんな最初は並ぶこともできません。

じっとできません、話も聞けません、座ったり、あくびをしたり、ポケットに手を入れていたり、動き回ったり、よそ見をしたり、笑い出したりと、、、

まずそこでお約束

話はどこで聞く?

多くの子供は耳といいますが中に目と耳
そう答えた子がいました。

素晴らしいね~

そうやね、話している人を見ていないと音は聞こえるけど何を話しているのか頭でわからんよね?

やからちゃんと話している人を見て手遊びせずに聴こうね。


あと、

ふざけたり、言うことを聞けない子は外に出てもらうから。

あくびをする子も何人もいたので次あくびしたら出て行ってもらうよ。

で、二人は出て行かせました。

まぁすぐに戻しましたが。。。


でもそれ以外は子供たちは次第に話を聞けるようになり最後の整列もすぐにできました。

やればできる。

教育次第なんです。

人は生まれながらに善なのです。

孟子の教えでもありますし我が尊敬する吉田松陰先生もそう仰っています。

真心を持ってちゃんと話せば人は本来正しい心を持っているのですからそれは必ず伝わるのです。


元気良さはすごくありました。

一番強く健康な体を作るために必要なものは大きな声です。

これは一、二度言えば直ぐにできるようになりました。

素晴らしいことです。

昨日は挨拶の仕方、立ち方、突き方を指導しました。

上手になってましたが次来るまで覚えていてくれたら嬉しいんですが、、、

保護者方には参観日で素晴らしいとこお見せしたいと思います。

P1290367.jpg

P2290368.jpg


このように

空手教室は道場に通っていない子供たちにも少しでも親の有難さや大切さを教え武道精神からの礼儀から他人への思いやり痛み責任、自分の事は自分でするというものを教えたい。
それを教えるには物心が付く前から自然に身に付くようにと園児を対象に出向いてとの思いからでした。

空手は武士道です。

今や武士道は世界の人から尊敬の念を集めています。

武士は生まれながらに武士の教育を否が応なく受けます。

士農工商の頂点に君臨する武士は農工商の規範とならなくてはなりません。

腰には刀を差しているのです。

刀は凶器、それを教育を受けない者が持つとどうなるか?言わずもがなです。

ですから武士は厳しい教育を受けてきたのです。

そういう規範教育から強い精神を自然に身に付けてもらいたい。

それが私が空手教室を始めた理由です。


ぶっちゃけ言います。

空手教室は本当にしんどい!!

道場の稽古の1週間分は疲れます。

終わって帰れば食欲もない。

喉はガラガラに枯れます。

ぐったり横に倒れこみます(笑)

だからこそ意義のあるものにしたいのです。


ちなみにこちらが武道塾の坊っちゃん道場の園児1年生の稽古の様子です。 少し学べばこんな小さな子でもこんなになれます。子供は教育次第で無限の可能性を秘めています。幼少期こそその可能性を伸ばす一番大切な時期なのです。



P1300350.jpg


スポンサーサイト
プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR