薄皮一枚コツコツ努力

P1290367.jpg


昇級審査の発表を昨日から行っています。

審査は以前より厳しくなっています。

武道塾でも今まで黒帯は何人も締めてきましたが締めてから気が緩む者がこれまで多くいました。

そんな黒帯は直ぐに辞めてしまう。

なぜか?

それは真の努力の積み重ねと真の相手への感謝の気持ちがないからです。

稽古は自分一人ではできません。
自分一人で誰にも知られず稽古することも大変重要なことではありますが。

周りに人がいるからこそできることがあるのが道場です。

そうでないなら一人で学べばいい。

しかし空手は相手がいてこそ精神技術体力が磨かれるのです。

それがわかっていれば黒帯を取ってすぐにやめることはない。

黒帯を取る前にそのことを十分に理解しておいてもらいたい。

そういう思いで審査を厳しくしています。

センスだけで一気に駆け上がる者に限ってコツコツ一段一段薄皮を積み重ねていく努力をしていないから魂を込めた一本の突き、蹴りなどの積み重ねを知らず努力の尊さ、そして人への感謝の念がない。

悔しさや苦しさを多く積み重ねそして締める色帯。

その度に稽古相手への感謝の念を強くさせる。

そうしてそれを次代に引き継ぐそれこそ先人たる先輩の役目であり誇りなのだと思います。

だから厳しいけど審査では不合格にしたり保留にしたり思ったほどの昇級を簡単にはさせたくないのです。


お前なら黒帯を託せる。

そう思い渡してきた黒帯ですが思いが通じなかった者も多くいます。

それは私、塾長の責任ですが

その度に奈落に突き落とされます。
自分の指導力不足、見る目の無さを嘆いて酷く落ち込みます。

たぶん、辞めていった者も後で後悔する者もいることでしょう。

私は二度とそういう思いをさせたくない、したくないという思いでいます。

辞めるなら茶帯までに辞めろ。

茶帯ならまだ黒帯への準備運動の段階だからその前に気付けよ。そんな思いです。

実際そんなことから辞めてもらった子もいます。

渡しても誇りある黒帯にはならないから。

それは子どもの責任ではなく親である場合が殆どなんですが。

武道塾はそういうところも厳しいです。

入るのは殆ど受け入れます。

でも入った限りは武士道を学んでもらはなくてはなりません。

だけど大人は自分の意志と責任で学べますが子供は子どもだけの意志でそれは学べません。

保護者がお金を払うのですから。(だからと言って私は塾生をお客さんと考えていませんからそこを理解されない保護者も結構おられます。)

なによりの教育者は私ではなく保護者なのですから親が武士道を理解しようとしなければいくら私が子供にそういったところでどうしようもないのが現実です。

ですから武道塾では見学を推奨しているのです。

保護者にも武士道を少しでも解って欲しいから。


なんども出して恐縮ですが
日本チャンピオンになった雄大の様にこれまでの稽古量、実績があっても無条件に黒帯は渡せない。

他の道場ならこれほどの実績があれば無条件で渡してくれるかもしれません。

でも武道塾はそんなところに価値は見出しません。

それが武道塾の黒帯です。

真の黒帯を締めてもらうためにあえて厳しくしています。

期待の裏返しなのです。


それは今の黒帯にも遅きに失しましたが禅道会の試合にも参加させて大海を知ることで今からでも真の誇りある黒帯にしてもらいたい。

そう願ってます。

昨年味わった屈辱は絶対にふり払わなければならない。

そう思って精進することで一段成長して欲しいのです。

今の黒帯はみんな園児小学生から空手を始めたものばかりです。
進学あり部活ありで厳しいながらも感謝の念を持ち続け努力を積み重ねて今も稽古に励んでくれている本当に素晴らしい奴らです。

そこにもう一つ大会という大海を知って一回りも二回りも大きく成長してもらいたい。

武道塾の黒帯はそういう黒帯であって欲しいのです。


それは黒帯を締めなくてもこれまでやってきたことが無になることはないとは思います。

でも、黒帯はそんな次元を遥かに超えて超人間的強さを身に付けられるのです。

途中で誘惑は必ずあります。

サッカー、バスケット、野球などで辞めて行った子は数知れず。

中学では義務付けられている部活で

でも、それと両立させながら初志貫徹したのが今の黒帯たちです。


今の黒帯はそれを越えていますので他の者がそれができないというのは言い訳にすぎません。

武士道とはそういう世界です。

厳しいですがだからこそ世界に日本人の武士道精神、大和魂が神秘的に崇拝され冠たる国となっているところでもあります。


さて、昨日は本部の子供たち全員と組手をしました。

脊髄損傷に肉離れでずっとやっていなかったので本当に軽くですが気持ち良かったです。

P1290365.jpg


腰痛が酷くて傷めている首は痛くて身体はボロボロですが道場で死ねるなら本望!

もっと欲を言えば世のため人のためにもっと大きなことをして死ねたらもっと本望!

そんな気持ちで脊髄損傷のことなど恐れずこれからもがんばります。

大怪我や大切な身内の不幸の連続で死生観というものが見えてきた私です。


子供たちとの様子をどうぞ

拓夢、雄大とも強くなりました。拓夢は園児だったのに(笑)

今度は少し力を入れて相手をしようと思います。

組手 塾長VS雄大


組手 塾長VS拓夢


本部ちびっ子との組手


ガードポジションの攻防 塾長VS拓夢


ガードポジションの攻防 塾長VS雄大

スポンサーサイト
プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR