厳しさの中にこそ

P1290157.jpg



私の指導は厳しいです。

それは前回もなぜなのかという一片は述べました。

育った環境

親以外の人に育てられた。

だからこそ人への感謝と愛を感じるのです。

武道塾に通う子供は幸せです。

母子家庭の子供も多くいますがそれでもお金を払い道場に来させてくれるのですから。

保護者からすれば大変なことです。

貴重なお金を払い学ばせるのですから子供たちには何かを得てもらわなくてはならない。

そのなにかは突き蹴りではない。

私の指導が厳しくなる一片はそこにもあります。

生温い道場では保護者の期待には沿えない。

武道塾はその名の通り武の道を学ぶ塾なのですから。

スポーツとは違う

武道だからこそ学べるもの得られるものを身に付けてもらわなければならないのです。

世の流れで空手も様変わりしていてスポーツ的な道場が殆どとなっていますので保護者方も武道とスポーツの違いが判らずに入門される方が多いのが現実で入門したところがスポーツ空手でも保護者も子供もそれが武道だと信じている場合が多いのです。

私は以前からそういう道場をブログでも道場内で塾生に話す時も批判してきました。

スポーツ空手自体は批判しないし認めるけど、武道空手と名乗るなと!!

スポーツのくせに武道と名乗り道場生を募ることは詐欺だと。

誰でも知らない人は空手と云えば武道だと思います。

でも入門してみれば現実はスポーツだった。

まぁそれに気付いて続ける分にはかまわないでしょう。

でもそれに気付かずにそれを武道だと信じ切ってしまわせるとそれは最早詐欺になる。


私はそれは許せない。


だからせめて私に縁があって来られる方には誠心誠意の武道の指導をしたいのです。

厳しくなります塾生には要求も多く高い壁もあります。

でも武道は武士道


武士は刀を常に身に付けています。

刀は凶器です。


無暗に振るえば大変なことになります。

だからそれを狂気にしないために士農工商のTOPとしての厳しい規範を学ばせるのです。

空手の拳、全身は凶器です。

それを無暗に振るわないように厳しく指導する。

ただ、使ってはいけないよと口でいうのではなく、身を以ってそれを学ばせる。

それが私の指導です。


要求は高いです。


空手を始めて大きな一つの黒帯を締める目標。

それまでには幾多の試練を与えます。


それは

天はある者を見込んで
         その才を試そうとする時まず試練を与える
    逆境こそが人を育てる


私はそう信じています。


黒帯はそんな試練の上で締めてもらいたい。

買おうと思えばお金で黒帯は買えるけど誇りある黒帯は買うことはできないのです。

試練の上に締めるから誇りあるものになり価値がある。

その誇りもいらない価値を価値と思わないなら自分で買って勝手に締めればいいのです。

でも誇りの無いその帯はただの黒い帯に過ぎない。

白帯にも適わない価値の帯なのです。

価値のある黒帯を締めてもらいたいからこそ私は試練を与えます。

それが師である私の愛情です。


黒帯を締められる者は本当の一握りです。

初志貫徹できず殆どの者は初心を忘れ他のスポーツに気を取られたり挫折していきます。

その中で締めるから価値があり重く誇り高い黒帯なのです。

まぁ挫折させてしまうのは私の指導力不足なので毎回反省し落ち込みます。

でも、それで芯を捻じ曲げ考えを変えることはありません。

反発する方もおられます。

おられなければ塾生は増え続け今頃何百人という塾生がいることでしょう。

でもそんなので塾生を増やしても私の志は遂げられない。

武道塾は真の武士道を学ぶところ。

武の道は人の道なのですから。

師を選ぶ権利は弟子にあり。

弟子を選ぶ権利は師にあり。

師弟とはそんな強い信頼関係の上にこそ成り立つ武士道とはそんな厳しい世界なのです。

世の人は善し悪しごとも言えわば云え賎が誠は神ぞしるらん


でも、、、こんな私でも時に安らぎを求めたいことがあります。

気を張り命を削りいろんな葛藤と戦っています。


高杉先生もそうだったと思います。

豪快に生きられたようですが実はすごく繊細な方で陰でどれだけ心労を患い安らぎを求められたか。

その心労でしょう。

肺結核という病に倒れ短い人生を終えられました。


私が高杉晋作という人を師と仰ぐのは似ているから。

おこがましいですが、、、

私は医療が発達した現代に生きているから何度も病気をし入院し昨年は大怪我を2回しましたがこうして生きている。

幕末の頃なら私も早死にしてたでしょう。

そうなら、もっと私は世の中のために働けたのではないのか!

最近そう思います。










スポンサーサイト
プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR