追悼の下段回し蹴り

黒澤浩樹追悼 
20150831_2116112.jpg 

下段回し蹴りの稽古を中心に行いました。
P1400550.jpg 

誰もがその一撃一撃に衝撃を受け感嘆の声をあげました。

P1400553.jpg


土曜日は訃報を知らぬまま何かの導きか知らせか普段あまりしない下段回し蹴り中心の稽古をおこなっていましたが

本日は 追悼 の稽古です。

指導しながら込み上げるものがあります。


最強世代と言われた

私たちの世代も遠き日となり 終焉の時 を迎えようとしているのか。


改めて思う。

遣り残すことのないように。



組手において下段回し蹴りというのは多くの人が一番よく使う蹴りです。

コンビネーションにおいても必ずと言っても良いほど入る技でもあるのでこれが強くなればそれだけ有利に組手が進みます。

また下段回し蹴りの稽古は反射能力向上やスピードを付けるにもスタミナを付けるにも効果的な稽古になります。



子供たちみんなにも私が感じた黒澤の魂を感じて欲しい。

最後の挨拶では少し黒澤について話しました。













スポンサーサイト

伝説逝く

黒澤浩樹


強烈な下段回し蹴りで空手界を席巻した伝説の空手家です。


格闘マシーンの異名をとり

極真精神を地で行く英雄でした。


観客の目線が一斉に集まり

会場に入ればどこにいるかすぐにわかる。


オーラ


試合中、拳の骨が折れ皮膚を突きだしていても突き続けた

右膝十字靱帯断裂して立っても居られない状態でも戦い続けた


こんな空手家はもう現れないでしょう。

残した戦績もすごいのですがそれ以上に記憶に残る空手家でした。


現極真会館館長松井章圭、現IBMA極真会館主席師範増田章と共に3強と呼ばれた。

この3強に現新極真会代表理事緑健児を加えて四天王とも呼ばれた。


4人
みんな私と同い年で最強世代と呼ばれた。


私は同い年の者を尊敬したりは絶対にしません。


負けず嫌いなのでそいつより劣るとは考えたくない。


でも 黒澤だけは別でした。


同い年として誇りにも思っていました。


黒澤は私の事などまったく知らない。


悔しい


痛い


熱い


冥福なんか祈りたくもない。


待っとれよ!


わいが逝ったら手合わせしよう!!


一時代が終わった
そんな歳なんやな、、、



さて、昨日の稽古の様子をどうぞ。

ちょうど

黒澤の代名詞

下段回し蹴り

と、その受けの稽古でした。

熱い指導になりました。

まったく黒澤が逝ったこと知らなかったのに

滅多にやらない稽古なのに


きょうはこれくらいで、、、

P1400460.jpg P1400469.jpgP1400474.jpgP1400477.jpgP1400484.jpg








武道塾公式サイト



石井道場新しい息吹!

新規入門の女の子たち

P1400456.jpg 

初めての塾長賞です。

まず10枚目指して大きい賞状をもらえるように頑張ろうね。


昨日も体験入門の子がいました。

体験とは云えやはり新しい息吹が入ると活気が出てきますね。

石井道場は小さな子たちばかりですが明るく元気な道場です。

P1400428.jpg 

さて昨日はミットをやり受け身を稽古しました。

後ろ受け身は大切です。

前に転ける時は人間は本能的に頭は守ります。

しかし、後ろに転けるとどうしても不自然に手をついてしまい手を傷めたり頭を打ったりします。

とっさの時に受け身をとれることは最も初歩的な護身術となります。

元気よく走り回っていると子供はどうしても転けてしまいます。

そんな時に怪我をしないように教えることが護身術を学ぶ道場には求められます。

こういうの教える道場は少ないんですよ。

P1400438.jpg 

最後は投げ

投げられたときも受け身が大切です。

みんなちゃんと受け身とれていましたね。





武道塾公式サイト



本部の稽古

愚かなる吾れをも友とめづ人は
わがとも友と目でよ人々
   吉田松陰

愚かな私を友として大事に思ってくれる人がいるとしたら、私の友についても私と同様に大事に思って欲しい。


死の間際に弟子のことを思い読んだ句です。

どこまでも世の為人の為私欲のない松陰先生です。




昨日の稽古はお休みが多かったので型をじっくりと行いました。

一つ上の型を覚えることを重点に行ったのですがやはり女子は覚えが早いようです。

平安その五を初めて教えたのですが一通りできるようになりました。
P1000945.jpg 

男子はまだ前屈立ちがちゃんとできないので太極その一が満足にできない子も居ます(^0^)
P1000942.jpg 

その中で黄帯びオレンジ帯男子が気を吐きます(^0^)
P1000943.jpg 




居残り稽古はヌンチャクにミット蹴り

P1000948.jpg 

楽しい稽古です。

P1000949.jpg

う~ん
こちらも女子が上手い

P1000950.jpg

男子
頑張れよ~

P1000951.jpg





武道塾公式サイト


花見

雨の心配があったのですがまったくの杞憂でした。

DSC_0078.jpg

桜こそ咲いていませんで枝見でしたが、、、

DSC_0076.jpg 

お母さん方がテキパキ動きお父さん方にも指示をし仕切ってくれました(^_^)

DSC_0083.jpg 

私は、、、

なにもしていません。

と、いうか

なにもできません(^_^)

なにをどうしたら良いのかわからない(#^.^#)

こういう時居場所がない私です、、、

DSC_0081.jpg 

飯ごう炊さん

DSC_0088.jpg

美味です~


しばらく修行に出る友梧に励ましのサプライズ

DSC_0090.jpg 

何事か画策しているのは知っていましたが

驚きのサプライズでした。

こういう保護者方がいてくれることが涙が出るほどすごく嬉しい私です。

サングラスをつけていて良かった。

DSC_0091.jpg

みんな我が子のように接してくれます。

自分のこと以外関心のない世の中ですが

DSC_0092.jpg

こういう人たちがいてくれる。

やはり志ある者が集う武道塾

保護者方を誇りに思います。

DSC_10093.jpg 
LINE_P20170326_165337297.jpg 

すごくさみしいけど

LINE_P20170326_165337251.jpg

がんばれ友梧

DSC_0099.jpg

ここからは滅多に見られない私の姿ですよ(^0^)

キャッチボールをせがまれ何十年ぶりかの野球少年
LINE_P20170326_165227841.jpg 

わたしの子供の頃の夢はプロ野球選手

LINE_P20170326_165227701.jpg

巨人大好き

長島、王に憧れ

松山商業出身の西本聖大好き少年でした。

LINE_P20170326_165227422.jpg 


さくらは咲いていませんでしたが心が華となる華見でした。

LINE_P20170326_165227246.jpg LINE_P20170326_165227100.jpg

お父さん方も誰彼なく我が子のように子供たちと遊んでくれました。

LINE_P20170326_165227433.jpg

LINE_P20170326_165337127.jpg 

子供たちは楽しかったね!!


お母さん方は最後の片付けも大変でした。

私は最後までなにもできず申し訳ないです(・Д・)ノ

本当にみなさんありがとうございました。

また、友梧が夏休み帰ってきたら何かやりましょう。


武道塾公式サイト


小さな社会

武道塾の道場は小さな社会です。

P1400408.jpg P1400413.jpg

先輩、同輩、後輩が協調し助け合い学び合います。


先輩によるマンツーマン指導とグループ稽古を行いました。


同学年同士のグループ稽古ではその中の一番先輩がすべて仕切り稽古します。


後輩はすべてに従います。


先輩はすべて仕切る分、責任が重くなりリーダーシップを執る稽古となります。

P1400415.jpg P1400419.jpg

また、やり方を変えみんなで相談しながら稽古させます。

話し合いも活発に行われ協調性を養う稽古となります。

P1400398.jpg P1400401.jpg

社会に出れば厳しいことが今以上にあります。

理不尽なこともあります。

悔しくても我慢しなければならない時もあります。

P1400403.jpg P1400405.jpg

その時に挫け逃げ出すのではなく打開していける強さを身に付けて欲しい。

武道塾はそういうことを学べる道場でありたいと思っています。

突き蹴りを教えるのが道場ではありません。

何をもって強いというのか?

真の強さを身に付ける道場でありたいと思います。


先輩によるマンツーマン指導
自覚が強く芽生えます。


グループ稽古




武道塾公式サイト



日本語が難しいからこそ日本人は素晴らしいのです。

日本語は実に曖昧でそれを感じとる感性が必要な場合があります。


その言葉の奥に言わんとすることをおもんぱかったり今、流行りの言葉になりつつある忖度したりしながら相手の気持ちを理解しなければならないことが多々あります。

P1400388.jpg 

昨日の桑原道場である子の基本の前蹴りが右足と左足で違う部分があり指導した時の事


その子の目はパチクリ、鼻がピクピク、目が潤んできます。

なに?

泣くんか?

泣く奴なんかもう教えん。

しばらく放っておいて様子をみてから呼び話をします。


何で泣く?

応えは

悔しいからです。


悔しい?
できんことがあってもそれは当たり前。
できるならもう黒帯にしとる。
自分は完璧、神様とでも思っとるんか?
自分を何様やと思っとる。
まだまだできんことばかりで当たり前や
悔しいなんて思う必要ない!

こう話しました。

P1400393.jpg 

でも、水曜の坊ちゃんの稽古でのこと先日書きました。

道場五訓が言えなかった子が悔し泣きしてそれを私は

素晴らしいこと

それが成長の糧だと言いました。

まったく逆ですよね?

客観的に見れば言っていることに矛盾を感じることでしょう。


でも、私が言わんとすることは同じなのです。


これが日本語

日本語はいろんな角度から読み解かないといけない。


だからこそ日本人は幕末の危機から脱し

世界と並び栄えた

第二次世界大戦の敗戦から奇跡的な復興をし栄えた。


これは日本語が脳を活性化させ能力を養い導きだす力に長けているからだと私は思います。


日本語の特性といいますか美しさ奥ゆかしさ曖昧さにこそ武士道精神が宿っているのだと思います。

わびさび、とか

外国人にはなかなか理解できない。

日本も国際化された今、そんな日本人の心が薄れてきてそんな奥ゆかしい日本語が理解しにくくなってきているようです。

相手の心の奥を言葉から読み取る

それが難しくなっている。


ラインやメールには絵文字がないと伝わらなかったり、、、


私の誤解されやすい所以でもあるのです。


こんな私ですから通じないと伝わらないと悩み苦しむのですね。

当たり前なのに

現代的に慣れれば良いのですが

それを善しとしない

日本人の魂を引き継いで後世に繋がなければならない。

それが私の役目だと

頑ななのです。

ラストサムライ
P1390298.jpg 

格好つけすぎですけどね。

でもこんな時代遅れな男が一人くらいいても良いでしょう。






武道塾公式サイト



久々の組手

死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし
生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし
        吉田松陰


死んでもそれが功績となるならいつ死んでも良い
生きることで大業が為せるならば生き続けなさい


生きるも死ぬも公のため


天から授かった命

天のために使う


私事で使うほど安い命ではない。


人を足蹴にして生きたり

いじめられた。

仕事が辛い。

そんな理由で死を選んだり


勇敢な高杉晋作も機ではない時は松陰先生の言葉通り命を大切に身を隠した



大切な事の前には時には逃げても良い


ただ、それは大業を見据えての事


もっと誇りを持って

もっと自分の価値を知るべき

もっと強くなれ

そう思います。



武道塾はそういう人材を育て助ける

それが私の使命だと思っています。


武道塾は現代の 松下村塾 なのです。



昨日の本部一般の稽古

P1400375.jpg 
P1400387.jpg 

超久々に私は組手3ラウンド、想定組手2ラウンドしました。

昨年の5月か6月以来か?

最近の鈍った体に鞭を打ち

新たな自分探し

一昨年の脊髄損傷で組手は禁じられていますが今の自分は自分ではない。

空手は組手が命

ずっとそう考え空手道を邁進してきました。

それを脊髄損傷、肉離れ

次々と怪我ばかりで心が折れそうになる


ぬるい心


 切る!

そんな思いです。


組手といっても軽く慣らしですが

まったく体が動かない。

直ぐに酸欠になり頭がクラクラ

苦しくて床をのた打ち回る

でも、、、

心は

気持ち良い


動画を見ると空手衣の隙間から見える

肋骨

ひざサポーター ゆるゆる

レッグガード ゆるゆる

ヘッドガード ゆるゆる

頭まで小さくなってる(笑)


痩せすぎですが


もっとアグレッシブ


もっとストイック


追い込みながら自分を高みにあげたいと思います。

高みといっても技術も体力も上がりはしません。


でも 魂 だけは


滝行と同じ

そんな生き方しかできない。


以下、ご覧ください。

軽くですが緊張感は伝わってくると思います。
これが総合組手ならではなんです。
スポーツ空手ではこうはならない。
武道塾空手は良いですね~(笑)












武道塾公式サイト




悔しさこそ糧にせよ!

世に材なきを憂えず
その材を用いざるを患う
   吉田松陰

人材はいるがそれを用いる大見識の人がいないことが悲しい。



人にはそれぞれ長所短所があります。

人、賢愚ありといえども各々一、二の才能なきはなし


才能を見極め導き出すことが人の上に立つ指導者には必要です。


人の短所を見て切るのではなく長所を見つける目を持つことが大切です。

P11400320.jpg 

昨日の稽古初めの道場五訓

3年生青帯女子に指名しました。

元気よく大きな声ではっきりと言えてました。

しかし、途中で間違え詰まってしまった。


再度やり直しさせたのですが同じところで間違い、、、

たぶん、頭はパニックになっているだろうと他の子に指名し言わせました。


いつもなら思い出すまで待ちます。

責任を果たしなさいと。

それが一番厳しい。


はず


でも、あえて昨日はそうしませんでした。



最後まで言えなかったことが悔しかったのでしょう。

すすり泣く声が後ろから聞こえてきました。

この子には代えられたことの方が辛かったのでしょう。


この子は道場五訓唱和において今までの塾生の中で一番素晴らしく上手に言えた子で私は感激し以前ブログにも書きました。

だから余計に辛く悔しかったのでしょう。


でも、その気持ちがまた素晴らしい!!

悔しいという気持ちこそ成長の糧です。


ど忘れは誰にもあります。

怠けていて忘れたのではないことは私が一番わかっています。

だから泣かんでいいよ。

次、リベンジすれば良い。

その機会は与えるからね。

そう声を掛けました。



稽古が終わって帰り際にその子が


土曜日、道場五訓言わせてください!


すごい早口で(笑)


こういうの嬉しいんです。


こういう子供がいるんですよね。

武道塾の自慢であり宝です。


P1400320.jpg 


さて昨日も石井道場に続き体験の子が入門しました。

P1400326.jpg 

すごく大きな一年生です。

武道塾にはスーパー二年生がいますがそれにも匹敵します。

体験ではその子とビッグコンビで稽古させましたが

大きいというのはそれだけで素晴らしい。

私が小さい方なので羨ましいのです(笑)

P1400323.jpg 

スーパー二年生には近い学年では稽古相手にも困ることが多くて5、6年生たちと一緒に稽古することが多かったのですがこれから二人が一緒に稽古しライバルとなってくれたら共に成長できますね。

楽しみです。


2年生代打の道場五訓
急遽の代打で心の準備もできていなかったでしょうが素晴らしかったですよ。








武道塾公式サイト



楽しむべし

人の精神は目にあり
故に人を観るは目に於いてす
   吉田松陰


人の善し悪しは目に現れるから相手の目をよく見ていなければならない。



疚しい(やましい)気持ち、自信の無い時などの感情は目に現れます。

目を見れば大抵の精神状態を推し量ることができるものです。


子供たちにも常にいう言葉ですが間違えても良い、叱られても良い


間違いを恐れ、叱られることを恐れると目が死んでしまうから


堂々と間違えたら良い。

叱られることは嬉しいことだと思いなさい。


そうしたらいつも目は輝いているはずです。


将に 生楽しむべく 死楽しむべし


いつでもどんな時でも楽しみましょう。

目を輝かせましょう。


そうすれば 何事も為せば成る

P11390300.jpg 
4月2日下関桜山神社演武に向けての稽古

どんな演武にしようかとまだ思案中です。



さて昨日の石井道場は体験の女の子二人が入門しました。

P1400278.jpg 

早速、稽古前には先輩が突き方などを教えてくれ

P1400278.jpg

グループ稽古では先輩たちが大勢で取り囲み手取り足取り教えていました(笑)

一番後輩だった子たちです。

教えることは初めて。

P1400315.jpg 


あの手この手で教えていた姿が可愛かったですよ。

私の顔はずっと微笑んでいました。

こういう稽古はすごく嬉しいのです。

P1400313.jpg


ミットも女の子たちはすごく上手です。

P1400285.jpg P1400295.jpgP1400297.jpgP1400302.jpg


型もやったのですが通常は初めてでなにもわからないのでまったく動かない子が多いのですが先輩の動きを見ながら遅れずについてきていました。

考えるよりまず動けです。

教えなくてもこういうことができるというのはある意味才能です。

武道塾の女子はすごくしっかりしている子ばかりなのですがまた新たに楽しみな子たちが入門してきてくれました。


こういう時に武道塾の道場は小さな社会だということが改めて実感できます。

頑張れ!

石井っ子!


稽古前の様子


ミット


グループ稽古




武道塾公式サイト



日帰り合宿

昨日は日帰り合宿でした。

P14002567.jpg 

午前中は柔術初級講習
受け身は全員できるようになりましたので忘れないように稽古して欲しいと思います。
P1400142.jpg P1400150.jpgP1400151.jpgP1400153.jpg
P1400158.jpg 
P1400155.jpg

柔術講習の後は河川敷に移動しお弁当
P1400161.jpgP1400174.jpgP1400177.jpg

そのまま午後3時までは河川敷で型をみっちりと行いました。

道場ではこれだけ時間をかけては行えないのでかなり有意義な型稽古となりました。

おかげで私は顔が赤く日焼けしてしまいましたが。。。

この時期でも日焼けするんですね(^_^)
P1400185.jpg P1400187.jpgP1400203.jpgP1400207.jpgP1400237.jpg
P1400248.jpg P1400242.jpgP1400243.jpg


帰って3時のおやつ

P1400260.jpg P1400263.jpgP1400259.jpg

おやつが終われば練習試合です。

かなり面白い試合がありました。

最後は掃除
P1400271.jpg 


動画をどうぞ。

柔術講習






弁当


遊び







練習試合

小学生女子TOP 
さくらとこころ二人の組手が素晴らしいです。












掃除





桑原道場の初づくし

きょうよりぞ幼心を打ち捨てて人となりにし道を踏めかし

             吉田松陰


きょうからは幼い心を捨てて大人になるための道を歩いていきなさい。



桑原の子供たちはその言葉通り教えられるだけではなく教えるための一つの階段を上がりました。


前に出て初の号令


号令と自分の突きのリズムが取り難い


自分が号令しながら「えいっ」と気合を入れたり(笑)


123456、8(笑)


いいのです。


間違えても


失敗しても


それは間違いでも失敗でもない。


先輩になるための道には大正解なのです。


階段を一歩一歩踏みしめながら確実に上がって行っています。


素晴らしく可愛い子供たちです。


けっこう難しいのです。

私も色帯のころ(大人です。)
初めて号令を掛けた時の事覚えてるんですね~

なぜか?

頭が真っ白になり次やることを忘れてしまったり緊張しまくりだったからです(笑)

今でもその光景が蘇る(笑)

それから比べたら子供たちは素晴らしいのです。


そのうち私などより遥かに立派な人になることは間違いない!!


そう確信しています。



園児から4年生の女の子まで初づくし

その様子をどうぞ。

P1400065.jpg 



P1400068.jpg



P1400070.jpg



P1400082.jpg



P1400096.jpg



P1400107.jpg



P1400118.jpg



P1400093.jpg


体捌き
P1400127.jpg




武道塾公式サイト



楽しむべし!

一、我々は志と誇りを持って凜とし威風堂々たること。


         武道塾道場五訓から


高い志を持つなら自分に誇りを持ち心を引き締め何事にも動じない威厳を持ちましょう。


志を持ち武道塾にいるのですからそのことに誇りを持ちましょう。

みんな厳しい稽古を乗り越えているのですよ。

そのことだけでも本当に素晴らしいことなのです。


だから

間違いを恐れてはいけません。
間違いから学べばそれは間違いではなくなります。


困難から逃げてはいけません。
困難を克服するその先にこそ成長があるのです。


諦めてはいけません。
自分には出来るのだと鼓舞しましょう。


間違いを恐れ困難から逃げ自分を諦めてはいけません。

間違ってこそ苦しんでこそその先に成長があるのです。



松陰先生はこう言っています。

富み楽しむべく 貧楽しむべし
生楽しむべく 死楽しむべし

どんな立場でもそれを楽しむのです。

困難も楽しみだと思えばいい。

それを克服したらその先に喜びがあるのですから。


高杉晋作はこう言っています。

人間、窮地に陥るのはよい。
意外な方向に活路が見いだせるからだ。
しかし死地に陥ればそれでおしまいだ。
だから俺は困ったの一言は吐かない。


窮地に陥った時にこそ人は力を発揮できる。
困ったと言ってしまえばそこは死地になってしまうから俺は困ったという言葉は吐かない。




苦手だから自信がなくてそれから目をそらし逃げてしまう。

逃げてしまうから克服できない。

克服できないからいつまでも自信が持てない。

負のスパイラル

目をそらし逃げてしまうと悪循環に陥ります。



道場は全てのことが学びです。

間違って良い。
間違いに気づかなければ一生間違ったまま。

苦手なことがあっても良い。
それを克服しようという意志を持ち努力をすることが力になる。


けっこう荒療治的指導もありますが社会は逃げて生きていけるほど甘くない。
どんな状況でも前を向き打ち砕く強さを身に付けて欲しい。
それが武道の教育法です。
そうじゃない、

尾木ママのような(^_^)

他の方法もあるというなら他でそれを学べば良いしあるとも思います。



でも武道塾は武の道から学ぶのです。

厳しいこともあります。

でもだからこそそれを乗り越えた先にとし威風堂々誇れる人となれる。

逃げていては一生そうはなれない。

もちろん、人間みんながそうなれるものではないのですが世の為、人の為に強くなるのだという志を掲げる武道塾に学ぶ限りは人を導き人から尊敬され慕われる人となれるように私は導きたいと思います。



しかしながら 

私も多く子供から学ばせてもらっています。

上記のような考えですから悩みも苦しみも多いので落ち込むことも日常のことです。

人間不信に陥ることもあります。

そんな自分が嫌で逃げ出したくなることもあります。

自分を痛めつけることもあります。

でも、子供たちにそこを乗り越え楽しめと言う限り私もそれを乗り越え楽しまなければならない。

この歳になりまだまだ間違いだらけ

成長の余地があるのです。


すべてが天命でもあります。


楽しむべし



日々、突き落とされ悩み苦しみそして這い上がりというジェットコースターの様な人生ですがそれもまた楽しいのです。

弱音を吐き死地に陥りそうになるのですがなんとか這い上がっています。

みなさんにも困難なこと沢山有ると思うのですが諦めずそこが

チャンス

楽しむべし

と乗り越えましょう。


P1400022.jpg 


さて、昨日の本部


緑帯女子先輩の指導から始まりました。

はきはきと大きな声で後輩たちを引っ張るのだという意志が見て取れます。


上手下手ではなくこういう意志であり姿勢が大切です。

女子とはいえ先輩なので自覚を持つように日頃から厳しいことも言うのですが吸収してくれています。

P1400036.jpg 

稽古中の動きもすごく良くなってきました。

意志を持って常に稽古している成果が現れてきましたね。




続いて最近の重点項目の間合い

自分の間合いを掴むための稽古をしています。

打たせずに打つ

肉を切らせずに骨を断つ

それが真の空手術です。




最後はグループでの型

P1400051.jpg 





厳しいことも言いますがみんな本当に良く頑張ってくれています。

強くなれよ!!



武道塾公式サイト




考える

志荘(こころざし そう)ならば安(いず)くんぞ

 

往(ゆ)くとして学を成すべからざらんや。

 

           吉田松陰

 
志が強くしっかりとしていれば、自分が目指す学問を必ず成し遂げることができる。


なにをするにも志です。

強い志を持ちそこに向かい学ぶ人と何も持たずただ他にないからとりあえず学ぶという人とは当然先が違ってきます。


志を持ったならそれを忘れず立ち止まらず必ず達することです。



昨日の坊っちゃん道場

入門間もない白帯君たちが頑張ってくれています。
P1390835.jpg 

二人ともすごく吸収力が強く教えたことが直ぐに動きに繋がります。
P1390851.jpg 

こういう子たちは伸びていきます。

良いライバルになるでしょう。




昨日は首相撲と間合いをとることの大切さを稽古しました。
P1390826.jpg 

スピードも大切です。

なぜ、早く動くことが大切なのか


質問しながら子供たちに考えさせていきます。

こういうことが大切なのです。

教えるのではなく考えさせながら気づかせ学ばせるのです。

それが身になる、実になる稽古となります。

いつも言うこと

空手は馬鹿では強くならんよ!

武道塾の稽古は学力UPにも繋がるのです。





最後は体力作りの補強運動

P1390872.jpg

拳による手押し車

けっこうキツいのです。




腹筋

P1390883.jpg




腹叩き
P1390889.jpg 


 


武道塾公式サイト


園児初道場五訓

吾れの得失
当に蓋棺(がいかん)の後を待ちて
議すべきのみ

   吉田松陰

私の行いが良いか悪いかは私が死して後の判断にゆだねよう。



自分の信念に沿って生きたなら後は正しければ正しいなりに間違いなら間違いなりに後生の人が評価すればいい。
今の自分に必要なことは世間の評価など気にせず信念を曲げず真っ直ぐに突き進むことだということです。
幕末の動乱期、命の時間も余裕もない中を真っ直ぐに志のために生きた松陰先生ならではの言葉です。

人は死んだ後にその人の徳がわかると云います。

本当に徳のある人は死んでから評価されるものです。

私はどう評価されるのだろう。

いやいや、どう評価されようが死んだ後の業苦を思い煩うな!



さて、昨日もがありました。


園児の道場五訓唱和


いつもクールな子で私は健さん(高倉健)とも呼びます(^_^)


園児でこれほど立派に言えたのは今、茶帯で今年小学校を卒業する司以来ではないかと思います。


スーパー園児です。

その道場五訓をどうぞ。


すごいでしょう?
武道塾にはこんなスーパーな子供たちが沢山居るのです。

武道塾の宝、いや、日本の宝ですね。


昨日は体験に園児の女の子が二人来てくれました。
P1390684.jpg 

ミット打ち、対刀など型の稽古以外すべて一緒にやりました。

P1390687.jpg 

なかなか初めての子は気持ちがあっても身体がついてこないのですがこの子たちは教えたことが直ぐに動きにできました。

ミットならまだしも対刀でもちゃんと動けました。

明るく元気な大和撫子でした。

来週も待っていますね\(^o^)/


武道塾の女の子はすごく覚えも早く優しくて強く面倒みの良い子ばかりですがやはり幼少期は女の子の成長の方が早いからでしょうか?
男の子より全然しっかりしていますね。

いつも男の子に言います。

武士は男がなるもので困っている人を助け弱い人や女の人を守るのが男の役目やのに女の子に負けてどうする(`o´)
女子に助けてもらう男などおらんよ、と

しかし、日本の女子は本当に強いのです。

大和撫子

ここぞという時の度胸は女子の方が遙かに強いのです。


男の子たち塾長と一緒に頑張ろうな~(^_^)








さて、稽古は体捌き、ミット打ち、対刀、型を行いました。


どの子も稽古に臨む姿勢がすごく良くなってきました。


良くなってというより自覚が出てきたのだと思います。

なぜ、道場にきているのか?


それをはっきりと自覚できそれを体現できるようになってきたのです。

それは甘えが少しずつなくなってきた証拠でもあります。


将に

きょうよりぞ
幼心を打ち捨てて
人となりにし
道を踏めかし

ですね。


頑張れ石井っこ!!



武道塾公式サイト



プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR