今年の振り返り

いろんなことがありました。


1月11日 冬の陣

感動的な試合も多くありましたし板割りやバット折りでもみんな魂を見せてくれました。


3月21日 愛媛FC試合場演武

ハプニングもありましたが大勢の前で堂々とした演武ができました。


4月3日 桑原道場 道場開き

桑原道場の初稽古でした。


4月5日 高杉晋作先生の聖地桜山神社演武

松陰先生、高杉先生、奇兵隊隊士の魂の眠る桜山招魂場での演武でした。


おまけ
ミット君も誕生

厳しい稽古の中にもなごやかな楽しみもありました。


4月19日 拳武道の大会で初の優勝 

組手スタイルの違うフルコン空手での試合で堂々の優勝は見事でした。


6月7日 昇段審査

男女4人同時に昇段に挑戦しました。10人組手はみんな見事でした。


6月14日 禅道会RF空手道中国大会で優勝

雄大が初挑戦初優勝の快挙を成し遂げました。


8月23日 夏の陣

夏休みの思い出となる大会でした。


9月27日 全日本チャンピオン誕生

武道塾初の全日本チャンピオンが誕生しました。


10月29日 テレビ愛媛取材

テレビ愛媛の取材を受けました。放送ではカットされましたがバット折りは感動でした。


11月22日 禅道会RF武道空手道中国大会で大活躍

優勝、準優勝者が多数でました。


11月29日 昇段審査

厳しい10人組手が予想されましたが見事に二人とも完遂しました。しかし、、以外に拳立てが壁となり立ちはだかりました。


今年もいろいろありました。



私個人としては大怪我もあり父の死もあり悩み苦しみも多くあったのですがだからこそ見えて来たもの感じられたものもありました。

間近に来るであろう死というものを感じそこから悟ることもありました。

死んだなら釈迦や孔子に追いつきて道の奥義を尋ねんとこそ思え

以前もこの高杉先生の言葉を引用しブログで書いたのですが以前はこの言葉にすがっていた。

死は怖いものではないのだと、、、

でも今は違います。

間違いなく怖くない!!

どうせ訪れることなら心から面白く生きてやろう。

志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない

世俗の意見に惑わされてもいけない

死んだ後の業苦を思い煩うな

目先の安楽は一時しのぎと知れ

百年の時は一瞬にすぎない

君たちはどうかいたずらに時を過ごすことなかれ



私の生きているこの時間は地球時間からすると一瞬にしか過ぎない。

これまでは決して満足した面白い人生ではなかったが残りの時間こそは

面白く生きなければ損だ!!

私にとって面白いことはなにか、、、それは私の中にだけ


来年はどんな年になるのか?

最後となってもいいような悔いなき生き方をしなければと思います。


勘違いしないでくださいね。

暗く後ろ向きなのではありませんから!

目の前の一日一日を充実したものにしたいと思っています。

来年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

日本語の奥ゆかしさ


私はこう見えて他人の話に耳を傾けます。

議論とか討論が大好きです。

例え意見が違っても否定しつつもその気持ちを知ろうと思います。

話を聞かず相手の気持ちや考え方を知らぬまま否定し批判したりするのを一番嫌います。

日本語は使い方やイントネーションによりまったく違った意味を持つことがあります。

また、逆説的な言葉の使い方もあります。

言葉より文字にすると伝わりやすい時もあれば逆に言葉の方が伝わりやすい時もあります。

日本語にはそんなあいまいさがあるから相手の気持ちを知りたいとうまく伝えたいと頭を悩ませたりします。

それが日本人の思いやりとなったり奥ゆかしさや情緒を醸し出しているとも云えます。

それが日本人の人間的能力の高さにも繋がっているのだと思います。

今は外国語のようにストレートに言葉を捉える人が日本人の中にも増えてきているんだと思いますが日本語独特のあいまいさを理解されず真の気持ちが伝わらないことがよくあります。

ストレートに話をする人は相手の言葉もストレートにしか取れない。

日本語的なあいまいさを理解できない。

その言葉の奥になにがあるのかを見ることができない。


先日の飲み会の時にも

違うよ、そういう意味ではないよと、、、

もっと言葉の奥を見てみいなと、、、

まぁ私は言葉が結構荒い時があるので特にそんなことがあるのかも知れませんヽ(´∀`)ノ


バカ という言葉からどんな意味を想像しますか?

相手への

軽蔑?

侮辱?

親しみ?

愛情?

上二つと下二つではまったく意味が違います。

文字ではわからない。

言葉にしてもその時の状況にもよる。

これが日本語なのです。

バカの言葉の奥に何があるのか?

それを考えることができる日本人でありたい。

だから話を聞きます。

議論討論をします。


でも、こう思いたくなる時もあります。

pc1280x800 (7)

伝えたいと思い熱く話せば感情が先走ったりして話すほど伝わらなくなることもある。

そんな時には議論討論より行動だ!!


松陰先生、高杉先生のように身を以ってそれを示す!


私の四季はいつ備わるのか。。。

pc1280x800 (1) - コピー





本能

昨日の一般部、奇兵隊メンバーともに稽古休みが多かったので一緒に稽古をしました。

P1280816.jpg

様々な展開を想定しての稽古をしたのですが一般部黒帯も含めまだまだ発想力が乏しい、、、

こういうのを教えないとわからないでは強くなれるはずがない

P1280828.jpg

本能的な動きが欲しいところです。

日頃からみんなは武士道を学んでいるのだからただ突き蹴りが強いだけで心が無い人間になってはいけない。

それでは野獣と同じ、野獣は生きるため本能で狩りをする。

野獣のような人間が外を歩いていれば恐ろしくて誰も外に出られなくなる。

だからこそ凶器となり得る拳や肉体を持つみんなは武士としての心構えを学ばなくてはならない。

野獣ではならない。

と、話していますが

いざ、生き死にの戦いには野獣のような本能が絶対に必要です。

呼び覚まさなければ。

人間的心と野獣的本能

それをコントロールできる者こそ武士です。




武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/

女子部の姉妹が見事色帯になりました。
DSC_0016 - コピー

これまで精一杯頑張ってきましたがこれからは色帯として更に上を目指して是非とも入門をしようと思い立った理由を追い求め叶えてもらいたいと思います。
P1280758.jpg

一般男子は少なかったのですがミット、柔術と汗を流しました。
P1280779.jpg

今年も来週で稽古納めとなります。

先月は父が亡くなり一昨日親戚の叔父が亡くなりました、、、

叔母も余命宣告をうけています。

私も大きな怪我を2度行い心身ともかなり疲れた年でした。

今年の私の一文字は  です。


色帯になったばかりの女子部二人が初めて三角締めをしてみました。



武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/

みなさんへ

私事ですが実は左ふくらはぎの肉離れより深刻な怪我をしております。

脊髄損傷

頚椎部分を二か所損傷していて医者の診断では半身不随や悪ければ呼吸困難で死んでてもおかしくなかったと告げられました。

良かったね~と言われたのですが

そこにまた衝撃があると危ないので組手はドクターストップがかかっています。

それを告げられた時は全身の痺れの方が痛くて考える余裕もなく、

そうなんやとあまり実感もなかったのですが、、、

後々、効いてきました。。。

もう組手が出来ない??

いやいや、それは受け入れられない。

実戦組手命で極真のフルコンから

より実戦に近くにと組手スタイルを進化させてきました。

実戦に近づかなければ真の武士道を知ることはできないとの信念でここまできました。

私にとって組手は命なのです。

去年から従兄の死、叔母の末期癌宣告、父の死、など沢山の災厄にあってきていて精神的にしんどい思いをしてきたのですが

ここまでなるのかと、、、

落ち込む間もないほど次々に災厄に見舞われてきたのですが

ここでその怪我と向き合うためにみなさんにまずお知らせしておこうとここに書き込みました。

ドクターストップはかかっています。

薬もまだ飲み続けています。

損傷部分は治りません。

が、、、組手は辞めません。

辞めたら私の人生は終わってしまうし人間50年、もう十分に生きました。

神から与えられた試練は生まれた瞬間死産寸前だった時から乗り越えてきました。

追い求めてきた組手も最終段階まできています。

後は魂を塾生に継いでもらえたら私の人生は意味のあるものになる。

そう思っています。

組手で死ねるなら本望です。

空手衣は死に装束ですから


さて昨日は柔術講習でした。

P1280738.jpg

P1280732.jpg


日曜の午前中ですが多くの塾生が集まってくれました。

私も軽く総合組手を行いました。

組手をやることで活力が湧いてきます。

軽くですが気持ちのいい汗を流しました。

P1280716.jpg


あと、昨日は忘年会もおこないました。

残念ながら写真を撮っていません、、、

こういう時に気の利く奴がいない、、、♪───O(≧∇≦)O────♪


一番新しい女子部の姉妹とも初めての飲み会でたくさん話もできました。

決して運動が得意な二人ではないのですが精一杯頑張ろうという姿勢が嬉しいです。

受け身の稽古では二人は教えたら黙々と何度も何度も回転し続けます。

初心者には難しい前方回転受け身です。

教える私は三半規管が弱くすぐに気分が悪くなりとても続けてはできませんが二人は延々と回り続けます。

こういう努力の積み重ねが人間力になります。

運動ができるできない組手が強い弱い

そんなのはちっぽけなことです。

それを証明しているのは今いる黒帯たちかも知れないです。

奴らは組手は強くない。

でも私がどんなに厳しい言葉を投げかけても素直に聞いてくれこつこつ不器用ですが応えようとしてくれます。

私はもっと熱くもっと貪欲になれと激を飛ばすのですがあくまでやつらはこつこつです(笑)

私は私とまったく違うこいつらが大好きです!!


塾長組手


一般部組手


少年部組手


武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/

空手道は修験道

私の指導は常日頃からの指導でおわかりのようにあえて突き落としそこから這い上がって来いというものです。


厳しい言葉も吐きます。

時にはゲンコツもします。

今時で言えば体罰とも取れるでしょう。

学校なら大問題は必至

なのになぜか?


武道塾は空手を通じ武士を育てるところ。

空手は突き蹴る投げるを身に付けるところ。

悪く言えば人を傷つける力を身に付けるところ。

あえてその道を選び入門をしたならまず自分がその痛みを知り力に耐えられる心を身に付けなければならない。

他人の痛みを知らずに自分の力を抑制しコントロールなどできないのです。

その力をコントロールすることができるようにすること

それこそ武士道教育なのです。


だからあえて厳しい言葉を吐きます。

その時は傷つくと思います。

逃げ出したいとも思います。

でもそんなことは社会では当たり前のこと

人が社会の一員として他人と付き合っていく以上必ず傷つけ傷つけられることはあります。

傷つけられた時に逃げ出してしまう人間になるのか?

それとも立ち向かう人間になるのか?

傷つけた時、心から謝ることができる人間になるのか?

傷つけたことを知らずに平気でいられる人間になるのか?

傷つけられた他人を見た時に助けられる人間になれるか?


あえて厳しい世界に身を置きそれで人間修行する。

修験者はあえて飲まず食わずで山に祠に籠り人々の安寧を唱える行を行ったりします。

それは武芸の力より遥かに強い人間力となります。

武道塾塾生は修験者と同じ。

武道塾の空手道は修験道なのです。

空手という武芸を通じながら自分に行を課しそれを乗り越えた時に誰もが行きつかない境地に立ち自分の欲や損得ではなく世を人々を救えるような人となるのです。

松陰先生、高杉先生はまさしくその鏡といえます。


私もできるだけそこに近づきたい。

欠点ばかりで間違いばかりで毎日落ち込むばかりですがそれが私

私が悩み苦しむことは私の行

修験者も欠点のない神の様な人間なら行など重ねる必要はないのです。

私も行を重ね生まれてきて良かったと思い最後を迎えたい。

人間50年最後の行だと思い常に稽古に臨んでいます。

だから熱くなり過ぎてしまう。

ご迷惑をお掛けしています、、、

P1280702.jpg


P1280709.jpg


頑張る女子部

水曜日先日初の審査を受けた女子も頑張っています。

初めての柔術で腕ひしぎや三角締め、そしてバックの取り合いに汗を掻きました。

女子が頑張る姿が嬉しいです。

P1280638.jpg

P1280661.jpg



一般部はミットで汗を掻きます。
P1280648.jpg

P1280651.jpg





昨日の本部はグループ稽古や柔術に重点を置きました。

P1280682.jpg




軽くサンドバッグ まだ蹴りはできませんが軽くのサンドバッグならなんとかできるとこまで回復しています。



武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/

石井道場の息吹き

石井道場は新規入門の子供たちと体験入門の子供たちが大勢いて活気ある稽古となりました。


そして久しぶりの剣術(ちゃんばらレベルですが(笑))

空手VS刀

子供たちには少々難しいですが何事も挑戦です!!

P1280624.jpg

こんな子供たちが厳しいい稽古を乗り越え大きくなり黒帯を締める。

毎年そういう子供たちが黒帯を締め、そして新たに入門してきます。

武道塾で一番長いのが今日の様な園児から初めて今は大学生、高校生

こういう生え抜きがいることが武道塾の誇りです。

昨日の子供たちもそうなってくれたら嬉しいです。



さて私ですが肉離れもようやく完治に近づいています。

下半身の筋トレも再開しました。

まだ長い距離を歩くと痛みがでますがもう少しの辛抱です。


武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/

攻撃から防御防御から攻撃

ミット打ちはいろんなことを想定して行えます。

パターンも無限にあると言ってもいいくらいです。

P1280605.jpg

P1280607.jpg

相手との攻防を想定して様々なパターンを探してみることが大切です。

教えられるだけじゃなく自分から考え動いてミット打ちはすることが大切です。

組手は生き物

一期一会

二度と同じ動きなどないのです。


だからできるだけ多くのパターンを想定して稽古していなくてはなりません。




武道塾公式ホームページ 
http://www7b.biglobe.ne.jp/~budojuku-karate/


新規入門の女の子

見ず知らずの女の子二人が同時に入門したのですが偶然にも同じ名前です。

読み方は少し違うのですが漢字がまったく同じ。

こんなことあるんですね。

ただ性格はだいぶ違うようです。

大人しい子と活発な子

どう成長するか楽しみです。

P1280550.jpg

P1280576.jpg


新規入門の女の子たちのミット打ち 初めてなのに上手ですね。



昨日の稽古もミット中心でスピードを重点に行いました。
P1280568.jpg


P1280574.jpg


ミット打ち



最後はグループに分かれて協調性やリーダーシップを養います。



入会に関することは
武道塾公式サイトへ


次の目標に向かって

秋の大会も終わり審査会も終わりそれぞれの目標に向かっての稽古は一段落

まぁまだ審査発表は終わってないのでそれまでは引き続き審査を受けているとの緊張感は持って稽古に臨まなくてはならない訳ですがその後の目標を定めることも大切です。

P1280547.jpg

その目標になるべくものとして来年2月の武道塾空手道選手権「冬の陣」があります。

既にそこに照準を合わせている子もいるでしょう。

武道塾空手はどこの空手道場より実戦的です。

雄大が全日本チャンピオンになった禅道会のエキスパートルールよりももっと実戦的なルールが武道塾ルールです。

それらを常日頃から稽古や試合で経験しているからこそ雄大もチャンピオンになれたし先の中国大会でも好成績が残せたのです。

P1280530.jpg

武道塾でチャンピオンになるということは全日本チャンピオンも十分に狙えるということです。

是非、上を目指してもらいたい。

空手を学んでいる以上その証を残して欲しいと思います。

それが将来なんの職業に就くにしても必ず役に立つと私は信じます。

P1280536.jpg


挑戦しその先にあるものは自信と誇りです。

これこそ武士道の大切な教えの一つなのです。


昨日の稽古の様子

突きと蹴りの連打でスピードとスタミナを要請します。




突きの避け 突きをギリギリまで見極め避けます。



入会に関することは
武道塾公式サイトへ


頑張れ白帯君たち

坊っちゃん道場は小さな子がたくさんいます。


他の道場からの出稽古が一番多いのも坊っちゃん道場です。

P1280501.jpg


坊っちゃんは黒帯の先輩たちも多くいるのでマンツーマンでの指導なども行いやすく覚えるには持って来いの道場です。


昨日も多くの白帯君たちが先輩に教えてもらいながら汗を流しました。

P1280495.jpg

教えている黒帯の先輩たちも園児、1年生のちびっ子から高校生、大学生になった子たちです。

この子たちは今より数倍厳しい私の指導を乗り越えてきたのです。

白帯を教えているこの子たちを見ながら時に感慨に浸る時もあります。

今の白帯の子たちもこんな黒帯になってくれたらと願います。




お詫び

昨日手違いで石井道場が使えませんでした。


来て頂いた塾生、保護者方には心からお詫び申し上げます。


今後絶対にこの様なことがないように注意いたします。


昨日道場でみなさんに事の次第をお話しするたび申し訳なく自分が腹立たしくて情けなくてなりませんでした。

日頃塾生に厳しくしているのに保護者にも沢山お願いしご協力頂いているのに自分がこれでは話になりません。

昨日の夜は落ち込みました、、、


本当にすみませんでした。。


ただその中である子のお母さんのお迎えを待っている間にその子とたくさん話ができました。

道場では塾生からすれば気軽に話し難い塾長ですから身の回りの話を楽しそうにしてくれるなんてありえません。

私はほとんど、その子の話にうんうんと頷き微笑んでいるだけでしたが落ち込んでる私を元気づけてくれるかのように沢山楽しい話をしてくれました。(っ*^ ∇^*c)

ありがとうね。


プロフィール

武道塾塾長

Author:武道塾塾長
日本空手道武道塾は東温市に本部を置き松山市周辺を活動拠点としている武道空手道場です。
武道塾では武士道教育を通じ真の礼節を学び人間形成の空手を学びます。武道塾空手の特徴として顔面攻防ありから掴み倒し関節技等グラウンドでの攻防まで修得する総合格闘技としての実戦空手です。
寝技にはブラジリアン柔術を取り入れています。

インターネット空手通信講座を開設しました。空手が通信教育で学べます。

来たれ松山市、東温市周辺の志士たち!
武道塾空手を学び一緒に強くなりましょう!

道場
東温市 本部道場/月・木
松山市 坊っちゃんスタジアム道場/水・土
松山市 石井道場/火
松山市 桑原道場/金

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセス数
RSSリンクの表示
リンク
松山市・東温市武道塾空手RSS
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR